• HSP

HSPでも営業はできる?向いている点と続ける秘訣をご紹介します

繊細な気質を持ったHSPの方の中には、

「営業職をやってみたいけれども、本当に自分でも大丈夫かな?」

という疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか?

たしかに多くの方と関わらないといけない営業職は、

HSPの方にとっては大きなストレスとなることがたくさんあります。

しかし、HSPの方は営業職ができないというわけではありません。

そこで今回は、HSPの方が営業職に向いている点と長く続ける秘訣をご紹介します。

HSPの方が営業に向かないと言われる理由

一般的に、HSPの方は営業職には向かないと言われています。

まずはそう言われる理由についてご紹介していきます。

たくさんの方と会わないといけない

HSPの方は知らない人と会うのがあまり得意ではありません。

たくさんの人に会って商品を販売しなければいけないとなると気疲れをしてしまう方も多いでしょう。

そのため、営業職につくとストレスをため込んでしまう可能性が高いです。

ノルマがきつくプレッシャーがかかる

営業職は基本的にはノルマが課せられ、それをクリアしなければいけません。

HSPの方はそのような期待とプレッシャーを強く感じてしまうので、

よりストレスがかかってしまうと考えられます。

HSPの方が営業に向いている理由

HSPの方にとって営業職の環境はストレスがたまる部分もたくさんありますが、

実際に営業職についているHSPの方は活躍している方が多数いらっしゃいます。

そこでここからは、HSPの方が営業に向いている理由をご紹介します。

相手の気持ちを理解することができる

HSPの方は人の気持ちに敏感です。

そのため、営業先の相手の気持ちをしっかりと理解してより適切な提案を行うことができるので、

高い結果を出すことができます。

相手の話を聞き、それに共感する能力も高いので、

「親身になってくれる営業マンだな」と相手からの信頼を獲得しやすいでしょう。

準備をしっかりと行える

営業において、事前準備はとても重要です。繊細で慎重なHSPだからこそ、

その事前準備は手を抜きませんし、人一倍一生懸命行います。そのため、

相手側からしても誠意が伝わりやすいですし、信頼して任せられると思ってもらえるでしょう。

ガツガツしてないからこそ信頼される

一般的に営業マンが敬遠される理由は、「無理に商品を売り込まれそう」という気持ちからです。

しかし、HSPの方は繊細な性質を持っているので、

相手の気持ちを無視して無理に商品を進めるような営業は行いません。

相手の気持ちを第一に考え、相手に必要なものをおすすめします。

そのため、営業相手からしても信頼されますし、「この人が言うなら」と契約につながるケースも多いでしょう。

HSPの方が営業職を続ける秘訣

HSPは営業職に向いている部分もありますが、

ストレスが溜まって仕事を続けられないということもあります。

そこでここからは、HSPの方が営業職を続けるための秘訣についてご紹介していきます。

1人になる時間を確保する

HSPは相手に対して強く共感をしたり、

相手の気持ちを敏感に察知するので、人と長くいると疲れてしまいます。

そのため、営業職を続けていくためには、

1人になってエネルギーを充電する時間をしっかりと確保することが必須となります。

自分がリラックスして気持ちが楽になる時間や場所を理解し、

毎日確保してストレスを貯めないようにしておきましょう。

会わない営業方法も取り入れる

営業職は足を運んだ回数分だけ成約率を上げることができると考えている方もいると思いますが、

今は会わない営業方法もたくさんあります。

そのような手法を活用すれば、HSPの強みを活かしつつ、

ストレスを貯めずに成果を出すことができます。

そのため、人に会わなくても成果を出せる方法を取り入れていけば、

自分の強みを最大限に使った営業を行うことができるでしょう。

自分のペースで行う

営業職はノルマが課せられる場合が多いので、早く成果を出したいと焦ってしまう人もいるでしょう。

しかし、あまり焦れば焦るほどストレスが溜まってしまいます。

そのため、自分のペースで業務を進めることを意識してみましょう。

HSPの方はコツコツと続けることができる方が多いので、

ストレスを軽減しながら成果を出すことができます。

 

まとめ

いかがでしたか?営業職はHSPの方にとってはストレスが溜まりやすい環境の職業ですが、

やってみたいと思うのであれば積極的に挑戦することをおすすめします。

自分の強みを活かして仕事をすれば、高い成果を出すこともできるでしょう。

ただ、職場環境に強いストレスを感じるという場合は、

自分が体調を崩してしまう前に辞めるという決断も必要になります。

ぜひ自分らしいスタイルで営業職にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP