• HSP

【働くのが辛い】繊細なHSPの方でも続けやすいバイト5選

繊細な性質を持つHSPの方にとって、
職場選びはとても難しい問題です。


多くの人といるだけでも疲労してしまう
HSPの方が向いていない職種についてしまうと、
体調を崩してしまったり
精神的なバランスがとれずに
生活が送れなくなってしまうこともあるでしょう。


そのため、
HSPの方の場合はストレスなく働くことのできる
職種を探すことがとても重要になります。
そこで今回は、
HSPの方でも続けやすいバイトについてご紹介していきます。

HSPの方に向いているバイトの選び方

HSPの方の場合、
自分が働きやすいバイト先を探すことが重要です。
そのため、まずはバイト先の選び方についてご紹介していきます。

多くの人と関わらなくてもいい仕事を選ぶ

HSPの方の中には、
人間関係によってストレスを感じる人が多くいます。


そのため、
できるだけ人との関わりが少ない仕事を選べば、
仕事以外のストレスを軽減することができるので、
続けやすい環境を作ることができるでしょう。


体育会系のような雰囲気を
苦手と感じる方もいると思いますので、
密なコミュニケーションを避けて
適切な距離感を保って
仕事のできるバイト先を探すといいでしょう。

休憩やお休みがある仕事を選ぶ

HSPの方は、
人間関係や周囲の状況からさまざまなことを敏感に察知します。

そのため、
1人になる時間やゆっくり過ごす時間がなければ、
どんどんストレスが溜まってしまい、
身体的にも精神的にもバランスを崩してしまうことがあります。

また、周りの方を気遣える方も多いので、
仕事を頑張りすぎてしまうことも多々あるでしょう。
そのため、
仕事の合間での休憩やお休みの日が
きちんととれる仕事を選ぶことが必要です。

自分の趣味や好きなものと関連する仕事を選ぶ

HSPの方にとっては、
仕事の環境がストレスとなることが多くあります。


そのため、少しでも仕事のストレスを軽減するためには
自分の趣味や好きなものと関連する仕事を選ぶといいでしょう。
そうすれば仕事にいくのが楽しくなりますし、
頑張れば評価されるという喜びを感じやすいでしょう。

短期のバイトを選ぶ

長期間バイトを続けることに不安を感じるというHSPの方は、
まずは単発のバイトから始めてみることをおすすめします。
長期的に続けないといけないと思うと
よりストレスがかかってしまいます。


短期だと分かっていれば、
おわりが見えているので、
ストレスを感じても頑張って継続することができるでしょう。

HSPの方におすすめしたいバイト5選

ではここからは、
実際にHSPの方に向いている
バイトの職種をご紹介していきます。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

倉庫内作業

倉庫内のピッキング作業等はあまり人と関わる必要がなく、
決められた手順によって倉庫のものを整理したり
数を数えたりする仕事なので、
HSPの方でも続けやすい仕事です。


毎日同じ作業の繰り返しとなるので、
新しいことを覚えないといけないストレスもありません。

データ入力

データ入力とは、
きめられた情報をパソコンで入力するという仕事です。
必要な資格もありませんし、
淡々と作業を行うことができるので、
続けやすいでしょう。

あまり人とコミュニケーションをとることもないので、
人間関係のストレスも減らすことができます。

ホテルの清掃

ホテルの清掃は、
お部屋の清掃やベットメイクをするお仕事です。


ホテルにチェックアウトと
チェックインの時間で清掃を行うので時間も短いですし、
お部屋で清掃をする時間は1人で行うことができるので
人との関わりも少なく、
ストレスなく作業に集中することができます。

家庭教師

大人数の人に囲まれたお仕事は
あまり得意ではないHSPの方ですが、
1人と向き合う時にはその繊細さが強みとして発揮されます。

HSPの方は相手の気持ちを推しはかるのが得意な方が多いので、
家庭教師として子どもの気持ちを考えながら
その子に合わせた勉強を行うことができるため、
重宝されるでしょう。


もちろん家庭教師になるには、
教えるための知識は必要になりますが、
興味がある方は検討してみるといいでしょう。

警備員

警備員は1人の時間が長く、
多くの人とコミュニケーションをとらなくていいので
HSPの方に向いている職業でしょう。


工事現場などの音が大きいところよりも、
静かな施設の警備の方がおすすめです。


特に夜勤の場合は決められた時間に見回りをするだけなので、
自分のペースで働くことができるので、
ストレスなくバイトをすることができます。

まとめ

いかがでしたか?
HSPの方は繊細な気質を持っているため、
能力が高くても継続しづらい仕事がたくさんあります。

そのため、
自分が働きやすい環境が整っている職種を選べば、
より安心してバイトを継続することができます。


ストレスを感じてつらくなってきたら、
やめて職を変えることもできるので、
ぜひ積極的に自分ができそうなバイトを
始めてみてはいかがでしょうか?

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP