• HSP

生きるのがつらい…HSPの方の特徴とHSPとの付き合い方

「日々の生活で他の人よりも気疲れしてしまう」

「この世界が生きづらい」。

そんな感情を抱えている方が今の世の中には溢れていると言われています。

今の現状を自分のせいだと思っている方もいるとは思いますが、

実はその生きづらさは生まれ持ったHSPという気質のせいかもしれません。

そこで今回は、生きづらさを感じる「HSP」の特徴と付き合い方についてご紹介していきます。

『生きづらい人はHSPかもしれない』

HSPとは、ハイリー・センシティブ・パーソンの略称です。

簡単にいうと非常に敏感な性格の持ち主のことです。

そのため、周囲の目が気になってしまったり、

周りの環境に敏感に反応してしまうので、

日常生活の中で精神的に傷つきやすく、

生きづらいと感じてしまうこともあるようです。

しかし、HSPの方はとても周りの人を気遣い、

周囲の人を大切にする優しい人である場合が多いです。

『HSPの方の特徴とは?』

では、HSPの方はどのような特徴があるのでしょうか?

HSPの主な性質についてご紹介していきます。

生きづらいと感じる人はHSPの気質を生まれつき持っているかもしれないので、

当てはまるかどうかチェックしてみてください。

周りの人の反応に左右されてしまう

HSPの方は周りの人の顔色を伺ってしまう傾向があります。

そのため、周りの人の感情をより敏感に察知し、

相手の機嫌に自分の感情が左右されてしまいます。

すべての感情を受け止めてしまうので、

たくさんの人と接するとどっと疲れてしまうという人も多いようです。

周囲の物音や光が気になってしまい不快に感じる

HSPの方は、周りの環境の影響を受けやすい傾向にあります。

それは人の影響だけではなく、

周囲の光や物音の影響も受けます。

そのため、周りの強い光や大きな物音に敏感に反応してしまい、

ストレスを感じてしまうこともあります。

たくさんのタスクがあると動揺してイライラしてしまう

HSPの方は、繊細で感受性が高いので、

たくさんの仕事を一気にこなさないといけない場面や
多くの頼みごとをされた時に動揺してしまうことが多くあります。

そのような時には自分の感情をうまくコントロールすることができず、

イライラしたり情緒不安定になってしまうこともあります。

綺麗な景色や音楽などに深く感動する

HSPの方は、本当に優しく感受性の豊かな方が多いです。

そのため、いろんな芸術や音楽、
綺麗な景色などに他の方よりも感動する人が多いです。

人が気づかないような美しさにも気づける感性を持っていると言えます。

いろんなことを深く考えすぎてしまう

HSPの方は、物事を深く考えすぎてしまう傾向にあります。

そのため、起きてしまった物事を他の人より深く受け止めてしまい、

悲しんだり落ち込んだりしてしまう人が多いです。

悩みを抱えたら、それを長い間引きずってしまう場合もあるので、

鬱のような状態になってしまったり情緒不安定になってしまうこともあります。

『生きづらいHSPとの付き合い方』

HSPは病気ではなく、生まれつきの性質です。

そのため、治すことはできないので、

自分の性質と思って付き合っていく必要があります。

そこでここからは、

生きづらさを感じることの多いHSPとの付き合い方をご紹介していきます。

外部からの刺激をできるだけ遮断する

HSPの方は外の環境からの刺激に敏感に反応してしまう傾向があります。

そのため、できるだけ外からの刺激を遮断することで、

普段の生活のストレスを軽減することができるでしょう。

外を歩く時はイヤホンや耳栓をして周囲の音を遮断したり、

強い光を制限するためにサングラスをかけるなど工夫してみましょう。

疲れた時は早めに休む

HSPは対人関係でストレスを感じ、

疲労をため込んでしまうことが多いです。

そのため、会社や友人関係でも疲れたなと思った場合には、

早めに休むことを心がけましょう。

HSPの方は周囲に気を遣いすぎる優しい方が多いので、

なかなか誘いを断れないという人も多いと思いますが、

自分の体調や心のバランスを1番大切にするようにしましょう。

自分の中の解決方法を見つけておく

HSPの方は、日常生活のさまざまな場面で
ストレスを感じてしまうことが多くあるでしょう。

そのため、自分の中でストレスを感じた時の対処法を見出しておくと、

より安定した毎日を過ごすことができます。

自分の安心できる場所などを作っておき、

自分の逃げ道を用意しておくことをおすすめします。

『まとめ』

いかがでしたか?

HSPの方は生きづらいと感じている方も多いと思いますが、

自分でその性質を理解して、自分なりの対処法を持っておくと、

より日常生活を楽しく過ごすことができると思います。

自分がHSPだと思う場合は、

自分なりの対処法を探してみてくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP