• HSP

HSPはどんな人が苦手? HSPの苦手な人の特徴と対処法をお伝えします!

日常生活の中で、誰でも苦手な人はいると思います。

しかし、HSPの方は人一倍繊細な性質を持っているため、

相性の悪い人や苦手だと思う人といると体も心も疲れてしまう可能性があります。

疲労がたまってしまうと日常生活に支障をきたしてしまう場合もあるでしょう。

そのため、HSPの方はまずはどんな人が苦手なのかを把握し対処をしていくことで、

より安定した生活を送ることができます。

そこで今回は、HSPの方が苦手と感じる人の特徴と対処法についてご紹介していきます。

HSPの方が苦手だと感じる人の特徴』

①すぐに怒ったり人を見下したような態度をとる人

HSPの方は、相手のちょっとしたリアクションや感情にも敏感に反応してしまうことがあります。

そのため、かなり怒ることが多い人や周りの人を下にみたような態度や発言をする人と

一緒にいる時間が長くなると萎縮してしまったりとても疲れてしまうことがあります。

また、HSPの方は自分に対してそのような態度がとられなくても回りの人が怒られている姿を見ても、

敏感に反応してしまいます。

②思ったことがすぐに言葉になってしまう人

HSPの方は、常に「これを言ったら相手がどう感じるのかな?」

ということを考えて発言していることが多いです。

そのため、そのようなことを考えずに思ったことをすぐに声に出して発言してしまう人に苦手意識を感じることが多いです。

周りの人のことを思いやれない人や空気が読めない人は相性が悪いと言えるでしょう。

ネガティブな発言が多い方

HSPの方は相手から聞いた発言がずっと心に残ってしまい、

その時の気分を引きずって生活してしまうという人も多いようです。

そのため、ネガティブな発言ばかりを常に言っている人を苦手だと感じる人も多いです。

④一気に距離を詰めてくる人

HSPの方は繊細な性質ゆえに、

自分のパーソナルスペースにすぐに入ろうとしてくる人に苦手意識を感じることが多いでしょう。

悪気がない人も多いと思いますが、

一緒にいることでHSPの方が疲労感を感じてしまうことは増えると考えられます。

⑤ポジティブすぎる人

ネガティブな人も苦手なHSPですが、あまりにもポジティブな人も苦手だと感じる傾向があります。

ポジティブすぎる人は自分の考えを押し付けてきがちですし、

自分もその人のテンションに引っ張りあげられてしまい、

普段よりも疲れてしまうことがあるでしょう。

HSPの方向けの苦手な人の対処方法』

HSPの方はとても繊細な方が多いので、

苦手だと感じる人と常に一緒にいると、

自分らしい生活が送れなくなってしまいます。

そのため、HSPの方向けの苦手な人の対処方法をご紹介していきます。

①できるだけ会話をしないようにする

自分が苦手な人でも、HSPの方は相手の気持ちを慮ってしまいがちです。

しかし、苦手な人と会話をすればするほど、HSPの方はストレスがたまってしまいます。

そのため、できるだけ会話の量や回数を少なくするように心がけてみましょう。

②自分の逃げ道を確保する

職場や学校に苦手な人がいる場合は、苦手な人を避けることができない時もあると思います。

しかし、ちょっとしたことを敏感に受け取ってしまうHSPの方は少しの時間でもストレスに感じてしまうことも多いでしょう。

そのような場合は、自分がつらい状況になってもストレスを軽減できる逃げ道を用意しておくといいでしょう。

例えば、ランチだけは自分のお気に入りの場所に行くようにしたり、

帰宅後に自分のリラックスできる環境を作っておくなど、

工夫をして自分がネガティブな感情を引きずらないでいいような環境づくりを心がけましょう。

③環境を変える

苦手な人がたくさんいて、

そこにいることに強いストレスを感じていたり、

そのことによって自分の日常生活が不安定になっているのであれば、

できるだけ早くその場所から逃げましょう。

ずっと我慢ばかりを続けていると、自分の安定したメンタルが保てなくなってしまい、

鬱病などになってしまうこともあると思います。

そのようにならないためにも、

本当にツラい時にはすぐに苦手な人がたくさんいる環境から逃げることが必要でしょう。

『まとめ』

いかがでしたか?

HSPは繊細で周りの人を思いやることのできる優しい人が多いので、

苦手な人と一緒にいるととてもツラい想いをする場合もたくさんあると思います。

そのため、苦手な人にはしっかりと対処をしておかないと、

自分の精神のバランスのことを保つのが難しくなってしまいます。

相手のことを大切にしようとする気持ちはとても重要なことですし特別な特性ですが、

まずは自分のことを思いやることが1番大切です。

そのため、ツラいと感じる時には自分の気持ちに寄り添うようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP