• HSP

あなたの生きづらい原因はもしかしてhspかも?

私生活や仕事などで

生きづらさを感じたことはありませんか?

でもそれが何なのか、

生きづらい原因がわからずに悩んだことはありませんか?

私自身もそうでした。。

生きづらさを長い間感じ

その原因がずっとわからずにいました。

そんな私だからこそ生きづらさの原因を理解して欲しいと想いこの記事を書いています。

この記事をご覧になったのも何かのご縁ですので、

あなたも生きづらさを感じているのなら

それはあなたが『HSP』

だからかもしれません

今回はそのお話をさせて頂きたいと思います。

1.HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは

一般的に“人より繊細で、

感受性が豊かな人”を

HSPと捉えることも多いかと思います。

ですが、

実はHSPの人には

共通してある特徴が存在します。

それは

「物事を深く考えて行動する」

「刺激に過敏」

「共感力が非常に高い」

「些細なことにすぐ気づく」というもの。

これら4つの特徴が全てあわさったものを“HSP”と呼んでいます。

HSPは気質であることから

病院で診断されることはありません。

生きづらさの原因から解放されるには、

自分が理解し自覚することから始まるのです。

2.HSPにもタイプがある?

・「内向型HSP」

こちらは、一番主流なタイプ。

(みなさんはHSPといえばまずこちらを思い浮かべるのでは?)

さきほどいった基本の特徴はもちろんのこと、

このタイプは「1人でいることが好き」という大きな特徴が加わります。

人ととの関わりが苦手で1人でなんでも解決したりしようとするために、

大きなストレスなどを抱えやすく自己否定を強くしてしまうタイプ

ただ、自分には厳しいですが、

人には優しいです。

またこのタイプの方は割とクリエイティブな才能を持っている人も多い様子。

なので一概には言えませんが、

傾向としてはアーティスティックな気質の人が

こちらタイプにあてはまるのではないでしょうか。

・「HSE」

このタイプは“外向型”で人との関わりは好きなんですが、

一方で刺激が苦手なようです。

そのため、

1人で深く考え込んでしまったりとかしてしまうけど
人と協力することで前に進めることも。

人の目を極端に気にしすぎてしまうのも

このタイプの人の特徴と言えるようです。

なので、

人が苦手でひとりでいたい内向型のHSPとは違い、
人と一緒にはいたいけど、

内に秘めてしまうタイプである様子。

 

少し矛盾点がある感じがしますが

「人は好きなのに決して明るいわけではない」

のがある意味特徴的ですね。

 

・「HSS型HSP」

“HSS(ハイ・センセーション・シーキング)と言い、

こちらの特徴としては

「常に刺激を求めているけど敏感な人」

のことを指すようです。

「やる気はあるのにいろいろ考えてしまい踏み出せない」

とか

「冷静に見えて実はすごくドキドキして動揺している」

などと正反対の特徴があるようです。

特徴が対照的な感じであるため、

一見気が強い人のようなイメージに感じますが、

実は心が繊細でとても壊れやすいという傾向があるとか。

こちらは人口の6%と言われ、

割合としては少なめですが、

存在するよう。

この症状の方は対照的な性格に

心苦しくなる人も多いようですが、

そんな自分も思い切って認めてしまうことが

向き合うポイントみたいです。

認めることで自然と心の重荷が

軽くなったりするはず。

自分は人と異なっていると苦しむのではなく、

「そういう人もいるよね」

と自分のことをまずは肯定してみましょう。

このタイプは一見HSPだと

まわりから見られず苦労することも多いのではないでしょうか。

・「HSS型HSE」

こちらのタイプは人との関わりは得意でよく群たがりますが、

明るく振る舞うような一方で周りを過度に気にしてしまうが故に

ものすごく疲れやすいというタイプのようです。

人との交流が多い分、

きっと心のアンテナもすごく揺れてしまい、

ストレスにつながってしまうのかもしれないですね。

社交的なタイプではありますが、

すごく些細なことで傷ついてしまうのもこのタイプの特徴みたいです。

こちらもどこか矛盾点があるように思うかもしれませんが

人の気持ちを敏感に感じ取ってしまう

HSP特有の症状って感じがしますね。

他にもタイプがあるみたいですが今回は割愛させて頂きます。

3.あなたが生きづらさと向き合うには

・自分自身を理解する

先程も書きましたが、自分がHSPだと自覚することから始まります。

理解して自分の中に落とし込まなければなりません。

・HSPを知る

自分の中に落とし込めたら

次はHSPの性質について深く理解します。

何が苦手で、何が得意なのか?

それを自分に置き換えて考えてみてください

・自分が苦手なことは無理をしない

自分が苦手な物に対してある程度踏ん切りをつけましょう。

つい無理をしがちなHSPさんは頑張りすぎちゃうんですよね

それが逆効果で自分を追い詰めてしまいます。

なのであらかじめに苦手なことに対してのボーダーラインを決めておきましょう

・しっかりと睡眠を取る

HSPさんはロングスリーパーが多いと言われています。

それもそのはず、普段から必要以上に刺激を感じ取っているので

人一倍疲れてしまうんですよね

なので小まめな休憩や睡眠をしっかり取り

身体を休めてあげましょう

・まとめ

いかがでしたか?

あなたの生きづらさの原因が分かりましたでしょうか?

あなたはHSPに当てはまりましたか?

もし記事を読んでもわからない場合は、
このホームページにHSP診断がありますので

そちらをご覧になってくださいね

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP